私のムダ毛処理の仕方

ムダ毛に悩む女性
必要ない毛と言っても、数多く在ります。

年齢を重ねると、いたるところに必要ない毛が生えてきます。

無意味と思える毛は、総じて必要ない毛みたいです。

その処理技術についてまとめてみました。
(無意味毛の趣旨) 自らを他人から見るとします。

その時にあってはならない箇所に毛があるのが、必要ない毛です。

他人から見て良い感じにみえれば、必要ない毛とは言えません。

それでどのようなところの毛が、むだ毛と言われているのか書いてみました。

 (胸毛) 麗しいに形を整えていれば、必要ない毛とは言えません。

ただし胸毛を整えている人は少なく、胸に生えている毛全くが必要ない毛と言われています。

 (腕毛) 薄いうぶ毛は必要ない毛と呼ばれなく、濃い毛が必要ない毛と呼ばれているみたいです。

特に飲食業の人は、配慮しているそうです。

 (ワキ毛) 脇からはみ出て目に見えてくると、無意味毛というそうです。

目に見えない内に、処理してください。

 (乳首周囲の毛) ここに生えている毛は、一通り無意味毛という人が多いいようです。

生えてくる毛は早く、処理してください。

 (すね毛) 薄いのは良いみたいです。

濃いのは駄目と言われています。

 (陰毛・ヘソシタ) 水泳選手は全くが処理しています。

見えると無意味毛になると考えます。

 (処理テクニック) 陰毛カッターが多数派みたいです。

長さ調節・火傷防止が付いているのを使用すると有益です。

初めはハサミなどで切る・バリカンで刈る人もいます。

(いん毛除去クリーム) 除毛除去クリームというのが、売り出しされています。

これを使えば美しいに無意味毛が、処理できます。